春名・田中・細川法律事務所のコラム「弁護士とは」のページです 

トップページへ
事務所の概要のページへ
取扱分野のページへ
弁護士紹介のページへ
費用に関するページへ
コラムのページへ
リンクのページへ
携帯サイトはこちら
http://www.harunatanaka.lawyers-office.jp/index1.html
春名・田中・細川法律事務所の所属弁護士が執筆したコラムです。
 
   「弁護士とは」  春名 一典  
平成18年7月1日 
 
 弁護士が世間でよく言われることに

 「あんな悪い奴の弁護をするのか。」
 「弁護士は黒いものでも白いと言う。」

 という非難があります。


 しかし、本当に「悪い」かどうか、「悪い」としてもどのように「悪い」のか、それは公正な裁判をしてみないと判らないことです。

 刑事裁判では、被疑者被告人は無罪の推定を受けています。
 警察・検察はこの推定を覆す立証をしなければなりません。

 この方式は、近代国家において民主主義が確立する過程でつくられてきたものです。
 それまでは権力に都合の悪い者は思いのままに逮捕され刑罰を加えられてきたことは歴史の事実です。
 また、「悪い奴」であっても適正な裁判を受けることは、「悪くない人」にも適正な裁判を保障することにつながるわけです。


 それから弁護士が黒いものを白くするというのは誤解であり、もし、本当にそのようなことをする弁護士がいたら、それは大問題です。

 弁護士には真実義務があり、積極的に嘘を言うことは、たとえ被告人・依頼人のためとはいえ、認められるものではありません。

 しかし、物事はいつも黒と白がはっきり2つに分かれるものではありません。黒から白まで濃淡があります。
 誰でもそれなりの言い分があります。
 その人の立場に立って弁護する、代理するのが弁護士なのです。


 弁護士の仕事は、いわば煮え湯に手を突っ込むようなものです。
 争いごと、裁判沙汰に割って入るわけですから、正しい法的知識はもとより健全な常識をもって判断しないと弁護士自身が大火傷を負ってしまいます。

 私は、いつも、このことを肝に銘じているつもりです。
     




「ゴルフとワイン」  金井 周一郎  平成24年3月5日 

「中小企業もコンプライアンス経営を」  春名 一典  平成22年12月25日  

「自己紹介」  三木 麻鈴  平成19年11月1日 

「ペットと法律」 細川 敦史 平成18年6月7日

「ニセモノ天国?ニセモノ地獄?」 細川 歓子 平成18年4月18日

「わたしの気晴らし」 田中 賢一 平成17年7月27日

「我家の愛娘」 春名 一典 平成17年3月15日

 「個人情報保護に関する法律」に基づく公表事項  春名・田中・細川法律事務所個人情報保護方針  サイトマップ  
  春名・田中・細川法律事務所                          事務所地図はこちら
   〒664-0858 兵庫県伊丹市西台1丁目2番11号 C-3ビル5階
    TEL 072-781-7327   FAX 072-781-7329


    ©Copyright 2005-2017 Haruna Tanaka Hosokawa Law Office. All rights reserved.