春名・田中・細川法律事務所―商標、不正競争に関するご相談―のページです。

トップページへ
事務所の概要のページへ
取扱分野のページへ
弁護士紹介のページへ
費用に関するページへ
コラムのページへ
リンクのページへ
 携帯サイトはこちら
http://www.harunatanaka.lawyers-office.jp/index1.html
 






 
商標・不正競争に関するご相談 
 
固定資産税に関するご相談 
 
金融商品に関するご相談

 当事務所では

商標・不正競争に関する

ご相談をお受けしています。


 

 例えば

自社で商標登録している商標について
同業他社が無断で使用している事実
が発覚したケース


逆に

自社が使っている商品名や屋号について
他社の登録商標を侵害しているとして
突然文書が送られてきたケース

商標登録がなくても
自社の名称や商品をあらわすものとして
周知されている表示

同一もしくは類似の表示
が他社に使用されているため
取引先や消費者に誤解され
売上を取られたり
信用を損なっているケース

などがあります。

 


 こうした事案については

まずは

会社もしくは代理人弁護士名
照会文書もしくは警告書
を発送するなどして

使用されている名称の差止め損害賠償を求めます。



   裁判外の協議が成立しない場合

日本知的財産仲裁センター
などのADR
(裁判外紛争解決機関)

裁判所の民事調停による解決
を検討します。

中立公平な第三者を介して
話し合うことにより
早期に適切な解決を図ることが
可能なケースもあります。
 

 
これらの方法とあわせて

裁判所での訴訟により解決を求めることもあります。

商標や不正競争が問題となる訴訟事件
については

大阪地方裁判所では
知的財産事件を取り扱う専門部
設けられ

この専門部の裁判官によって
計画的に審理が行われます。

専門部がない裁判所でも

3名の裁判官で審理をすること(合議事件)が
通例であり

商標や不正競争に関する事件

専門的な知見を必要とする事件です。


 
そのため

代理人となる弁護士にも
相当の専門性や経験が求められる事件
といえます。

当事務所において

商標や不正競争事案の取扱経験があり

勝訴事例・解決事例
有しています。



 「個人情報保護に関する法律」に基づく公表事項  春名・田中・細川法律事務所個人情報保護方針  サイトマップ  
  春名・田中・細川法律事務所                          事務所地図はこちら
   〒664-0858 兵庫県伊丹市西台1丁目2番11号 C-3ビル5階
    TEL 072-781-7327   FAX 072-781-7329


    ©Copyright 2005-2017 Haruna Tanaka Hosokawa Law Office. All rights reserved.